「腸活」によって腸内フローラを整えて、健康に育ちました♪ノンメタポーク

  • 企業情報
  • 関連リンク
千葉大学「菌活」によって腸内フローラを整えて、健康に育ちました♪
~他の豚肉とはここが違う~
ノンメタポークとは
他の豚肉とはここっが違うノンメタポークとは

ヘルシーでジューシーな美味しさヘルシーでジューシーな美味しさ

ムダな脂が少なく、さっぱりヘルシーなノンメタポーク。お肉の組織は、とてもしなやかで、しっかりしています(これまでの研究から、筋肉を構成する分子の「質」が変化していることがわかっています)。熱したフライパンに一切れ、置いてみて下さい。ジュッという音と共に香りが拡がります。

でも、ノンメタポークはここからが圧倒的に違います。ほど良く入った差しの脂や、あまたの旨味をたたえた肉汁が、熱してもなかなか出てきません。そして、油を引かなくても大丈夫。良質の油が少しずつ溶け出し、焦げることなく肉の加熱を助けてくれます。

焼き物でも、しゃぶしゃぶ・煮物でも、きちんと調理が終わるまで、しっかりと肉の中に留まって、口の中で拡がるフレーバー。ぷりっぷりの食感と合わせてお楽しみください。

そして、何よりあと味がサッパリしているので、せっかくの美味しい料理の余韻を台無しにすることもありません。胃もたれもしにくく、お肉を食べる事への抵抗感を和らげてくれることが、ノンメタポークの「隠れた長所」なのです。

科学的な新しい育成で安心・安全科学的な新しい育成で安心・安全

ノンメタポークの特徴は、味や成分だけにとどまりません。この飼育法で生産された豚は、腸内の菌相が安定して、農場全体の豚がまんべんなく、すくすくと成長してくれます。豚の免疫力はアップし、病気になりにくいため、投薬を最小限に減らせることから、安心・安全の面でもメリットが大きい飼育方法として、生産農家の皆さんに喜ばれています。

加えてこの飼育法自体、豚自体や飼育環境に対して「天然由来でない物質」の予防的な投与・散布を、こちらから指示することは一切ありません。

生産者が豚肉に懸ける、品質向上、安心・安全への思い・努力を、そのまま、皆さまの食卓にお届けすることを通じて、味と心の「フレッシュネス(新鮮さ)」を橋渡しする、そんなノンメタポークでありつづけたい、と願っています。

お客様の声

 新しい飼育管理手法で生産された豚ということで興味を持ちましたが、冷めても柔らかいままで、口に残りがちな脂もなく、他の豚肉とは違うと感じることができました。(女性、30代、主婦)

 かつ丼など、こってりガッツリ系は胃もたれが心配ですが、ジューシーだけどさっぱりなノンメタポークなら、あっさりしているのでペロリと食べられちゃいます。(男性、50代、自営業)